スポンサーリンク

【海外ドラマ英語:フレンズ(Friends)】勉強方法とネタバレ無しの予習帳【シーズン1エピソード1】

eyecatch-friends-se01ep01 TV Series

全世界で愛されるアメリカのシットコムシリーズ、「フレンズ(Friends)」英語を勉強できるという噂は度々聞きますよね!

私も留学していた頃、英語の勉強の為というよりは、ただテレビでやっていて面白かったので良く見ていました。
この面白かったっていうところが、英語学習では一番大事なところです。
面白いと思えない教材でいくら勉強しても、そもそも続きません

なので面白い海外ドラマやシリーズなどで勉強するっていうのは凄くおすすめです!

この記事では
  • フレンズを使った具体的な勉強方法
  • シーズン1エピソード1の予習ポイント

を解説します。

スポンサーリンク

フレンズを使った具体的な勉強方法

フレンズで英語を勉強したいと思っても、当たり前ですが
英語力がそこまでに達していない場合、ただ見てるだけじゃダメです。

じゃあ、どうすれば良いの?
具体的には、こんなやり方をおすすめします。

  • 英語字幕か日本語字幕付き(これは自分の英語レベルと相談)でまず1話視聴
  • わからなかったところを、Transcription(文字起し)などを見ながら確認
  • 英語字幕付きで、もう一度見る

私もそんな感じで英語を勉強していました。

しかし、これだと最低でも2回以上見る事になるので、結構時間が掛かりますよね。

かといって事前にストーリーを予習すると、ネタバレしてしまう!!!

 

・・・という訳で、

ネタバレなしの予習帳を作りました。

  • 予備知識なしでOK
  • 英語力TOEIC600点以上レベル
  • 復習にも使える
  • 効率的に英語学習しながらドラマ視聴を楽しむことも損なわない(ネタバレなし)
  • 読むだけでOK

効率的で、ドラマ視聴を楽しみながらガッツリ勉強できる英語学習習慣。今日から始めませんか?(^O^)

Friends シーズン1エピソード1:予習単語&フレーズ集

ここで上げる単語やフレーズを予習してから英語字幕付きでFriendsを見ると、もちろんストーリーが理解しやすくなるのはそうなんですが、
予習した単語やフレーズが実際に会話の中で使われているところを見ることで、学習した知識が定着しやすくなります。

基本的には事前にこれを読むだけで大丈夫ですが、ノートに書き写してドラマ視聴時に手元に置いておくなどすると良いかもしれませんね。
2回目の視聴なら、シャドーイングも欠かさず。
シャドーイングのやり方についてはこちらを参照↓

 

メモとドラマの用意は良いですか?( ..)

そしたら、単語フレーズ予習帳に進んでください↓

【シーズン1エピソード1】単語予習帳【ネタバレなし】

Weird

意味:変な
これはネイティブ会話でかなり頻繁に出て来る単語です。
Strangeよりも使われる事が多いです。
フレンズでも、最初っからこの単語が出て来るのでニュアンスをチェックしてみましょう。

 

Smalintestine

意味:小腸
ロスがジョークの言い回しで使います。
ちなみに大腸は、large intestine

 

Decaf

Decaffeinated(カフェイン抜き)を省略した、名詞としても使われる単語。
登場人物の、誰がDecaf好きでしょう?
フレンズはカフェでお話している場面が多いので、飲み物系英語が良く学べそうですね。

 

Sweet’N low

人工甘味料のブランド名です。’Nっていうのは、and の略です。

 

Mr.Potato head

これは・・・知ってる人は言うまでもないかもしれませんが(笑)、
トイ・ストーリーに出て来るミスターポテトヘッドのことです。
誰の事でしょうか?

【シーズン1エピソード1】フレーズ予習帳【ネタバレなし】

Drift apart

意味:疎遠になる
疎遠になったけど、ご縁なのかまた仲良くなるフレンズ。

 

It matters to me.

「私にとっては問題なの。」という意味。
matter(動詞)は、問題がある、(小さい事でも)重要である というような意味で使われます。

もう一つネイティブ会話で良く使われる表現で、
It doesn’t matter.(関係ない、かまわない)というフレーズがあります。

今回は、登場人物の誰かが何か個人的な問題を訴えるのに使われています。

 

Taking control of your life

Taking control of で、~の主導権を握るという意味で、
話の中ではあなたの人生を自分の手に取り戻すみたいなニュアンスで使われています。

 

‘Paul the wine guy’

名詞 + the 形容詞 で、「~の人」的な言い方をする事ができます。
この場合は、「ワインの人、ポール」って感じでしょうか。
ワインが好きとか、ワインをいつも持ってくるとか、詳しいとか、そんな理由でそうやって呼ばれてるんでしょうか。

 

I wish I could…

~できたら良かったのに。という意味です。
登場人物のフィービーが言ってます。

 

I cannot feel my legs

直訳だと、自分の脚を感じられない・・・ですが、つまりは
脚が疲れすぎたとか、痺れたとかっていう事です。

ちなみに、「脚が痺れた」とピンポイントで言いたい時は、
My legs are numb.
と言います。

 

Walked out on me

Walk out on~で、~(人)を置き去りにする、見捨てる という意味になります。
誰が見捨てられてしまったんでしょうか?

 

Here’s the thing

(Here is the thingの省略形)
これはワンフレーズで覚えてください。ネイティブ会話でよく使われる表現です。
つまりはね(それがね)、こういう事なんだよ
という意味です。

 

Are you in trouble?

Be in trouble で、困ったことになるとか、面倒ごとを抱えるという意味がありますが、
Are you in trouble? で 何か叱られるような事したの?みたいなニュアンスで使う事ができます(どういう意味になるかは場面次第)

 

‘Job thing’

~ thing で、~とかいうやつ。みたいな意味になります(口語)。
レイチェルという登場人物のセリフに入っています。
これで働いた事がないお嬢様という設定が強調されます。

 

Perform sexually

Performというと演じるという意味(パフォーマンスの動詞)で捉えがちですが、
単純に行うっていう意味もあるんです。
ここでの場合、性的な事を演じるという意味では決してなく、
性行為をする
という意味になります。(かしこまった感じでそれを言いたい時に使える表現です。)

 

I take credit for Paul.

take credit for ~で、~の手柄をものにするという意味になり、
この場合は、
私はポールの恩人なのよ。
という風に訳す事ができますね。(take creditっていう表現は、日本語に訳しにくいですね)

 

It was a line.

名詞のlineには、とは別に、セリフとか決まり文句という意味があります。
ジョーイという登場人物のセリフに入っています。
ここでは、口説き文句 pick-up lineの事を意味しています。

 

It sucks.

動詞のsuckは色々なスラング使いが出来るんですが、
このIt sucks (That sucks)というフレーズはネイティブ会話にかなり頻繁に出てきます。
一言でいえば、これ最悪!っていうような意味のフレーズです。

例えば、
どうして今日も雨なの。最悪!

Why is it raining again, it sucks!

と自分で愚痴る事もできますし、
相槌として同情を見せる時に使うこともできます。

★今日も残業だよ。
●それは最悪だね!

★I have overtime again today.
●That sucks!

みたいな感じです。

話の中では、どのように使われているでしょうか?

I had a major crush on you.

have a crush on~で、~(人)を好きになる(色恋的な意味で)という意味になります。
ここではmajorが付いているのは、結構マジで好きだったといった感じの強調になります。

Ask you out

Ask ~ out で、~(人)をデートに誘うという意味になります。

予習が終わったら

まず、予習をした時点で、あなたはもう英語の勉強を沢山した事になりますね。

自分を褒めてあげましょう!

もしシリーズを実際に英語字幕で視聴してみて、話についていけない場合、
一旦日本語字幕に切り替えてみても大丈夫です。
「英語でストーリーを理解する」作戦から、
「予習した口語表現を話の中で見つけて理解する」作戦に学習方法を切り替えましょう。

レベルがまだ伴ってない時に全部一緒にやろうとすると、自信を無くしてしまうので、

あくまでも楽しく英語学習そしてシリーズ視聴できるよう、
ひとつずつ、少しずつ徐々に学んでいきましょう!

わからない事や、リクエストなどあったらお気軽にコメントくださいね。

では、次の回でお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました